C#の基礎

C#プログラミング

この章ではC#の基礎を解説します。

C#言語は名前に「C」の文字が入っていますが、C言語やC++言語とは別の言語です。
C++はC言語の上位互換言語で、C言語の文法や機能を使用できましたが、C#はC言語やC++言語との互換性はありません。

しかし、基本的な文法はかなりC言語、C++言語に似ています。
これらの言語が扱える、あるいは基礎程度は理解できるのならばC#の基礎は容易に習得できるでしょう。

この章ではCやC++未修学者でもC#の基礎を習得できるように、基本から解説します。
ただし全くのプログラミング初心者の方は一応プログラミング前の基礎知識に先に目を通しておいてください。

C#のメリット・デメリット

C言語やC++言語でもいろんなソフトウェアを作る事が出来ます。
これらの言語は使いこなせば作れないソフトはないとも言われています。

しかし、何でも作れる代わりにその処理は基本的に全部自分で書かねばなりません。
簡単な処理を実現するだけでもそこそこの分量のコードを書く必要があったり、外部のライブラリを利用しなければならなかったりと「小回りは効くが煩雑」な言語と言えます。
新しい言語がどんどんと登場するのは、既存の言語に存在する不満点を解決する目的があるからです。

C#は、CやC++ほど何でもできるわけではなく、作成されたプログラムの実行速度も劣ります。
しかしその分コードを簡潔に書けるという特徴があります。
これは言語仕様が異なるほか、膨大なライブラリがあらかじめ用意されているためです。
プログラミング初心者の人にはC言語などよりもC#のほうが理解がしやすいかもしれません。

できることが制限されるといっても一般的なソフトウェアは普通に開発できます。
実行速度が劣るといっても体感的できるほど遅いというわけではなく、よほど速度が求められるような場合でもなければ問題になるほどではありません。

これらのマイナス点を考慮しても、開発効率の点からC#を選ぶメリットは大いにあります。

最近ではUnityやUnrealといったゲームエンジンもC#で開発することができますから、利用の幅は大きく広がっています。
特にWindows環境においてはウィンドウアプリケーションの開発が容易であることから、C#はお勧めのプログラミング言語と言えるでしょう。