switch文 条件分岐2

switch文

if文を使えば大抵の条件分岐には対応できます。
しかし、ある変数の値に応じて複数の分岐をしたい場合にはswitch文を用いたほうが簡潔に書けます。

#include <stdio.h>

int main()
{
    char str[] = "ABC";
    int length = sizeof(str) - 1;

    switch (length)
    {
    case 0:
        printf("strは0文字");
        break;
    case 1:
        printf("strは1文字");
        break;
    case 2:
        printf("strは2文字");
        break;
    case 3:
        printf("strは3文字");
        break;
    default:
        printf("strは4文字以上");
        break;
    }
    getchar();
}
strは3文字
switch(式){ case 定数式: 文 break; [ case 定数式: 文 break; default: 文 break;]}
式を評価した値とcase定数式が一致する文を実行する

switch文は、最初に丸括弧内の値を評価します。
ここに指定できるのは整数値か、計算の結果が整数型になる式です。
(「1 + 2」などの式でも良い)

次に、指定された値に一致する値が指定されたcase句を探し、その文を実行します。
もし一致するcase句がない場合にはdefault句の文を実行します。
default句は省略することも可能です。

case句、default句の文末はセミコロン(;)ではなくコロン(:)であることに注意してください。

case句に指定できる値は定数のみです。
(リテラル含む)
また、同じ値のcase句を重複して定義することはできません。

int num = 1;

switch (0)
{
//case句に変数は指定できない
case num:
    break;
}
switch (0)
{
case 0:
    break;

//case句の値は重複できない
case 0:
    break;
}

break文

それぞれのcase句の文の最後にはbreak文が指定されています。
コードがbreak文に到達すると、現在のswitch文やループを抜けます。
(ループに関しては別途説明します)

このbreak文を書くのを忘れると、switch文はおかしな動作となります。

#include <stdio.h>

int main()
{
    char str[] = "ABC";
    int length = sizeof(str) - 1;

    switch (length)
    {
    case 0:
        printf("strは0文字");
    case 1:
        printf("strは1文字");
    case 2:
        printf("strは2文字");
    case 3:
        printf("strは3文字");
    default:
        printf("strは4文字以上");
    }
    getchar();
}
strは3文字strは4文字以上

「case 3:」の文が実行された後、default句の文まで実行されています。
これはcase句の処理の最後にbreak文がないため、そのまま次の句(今回はdefaut句)にまで処理が移ってしまうのです。
(これを利用したコードを書くことも可能です)